一日一楽(一日に何か一つ楽しい事があればうれしい)


by tyeribo-kamesen65
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:イベント参加( 78 )

「真玉粟島神社」の駐車場に、バイクスタンドが3列並んでいますが、
止めきれないバイクたちがそれに沿って、ずらりと寝ています。

まさに絶景。海の景色じゃないですよ、本当はきれいらしいが見てません(きっぱり)
こんなに自転車をみたことはもちろんありません。数をあたる気もありません。
時間があれば、一台ずつ見てフレームやパーツなどの勉強をしたかった(苦笑)

合流したY川さんと一緒に食事のテントを目指します。
まず左のテントで、たこ焼き(一人2個まで)、豚汁1杯をゲット。
次に、真ん中のテントで、おにぎりが2個入ったパックを一つゲット。
奥に進み、おかず(たけのことひじきの煮物)を一皿ゲット。
a0096787_1811098.jpg

ちょうど、日陰でテーブル(ごみ袋を止める用)が空いていたので、
折畳椅子にちゃっかり座って、シューズを脱ぎくつろいでから、
いただきまーす。

もう何も言うことはありません(>_<)
豚汁は体中に染み渡り、かしわおにぎりは血になり、
煮物はいい塩加減で涙になります(T_T)

ふと目をあげると、hi-ro1113さんが食事が終わって目の前にいます。
「お互い残りがんばりましょう」と、元気をいただきました。ありがとうございます。

食事が終わってトイレに行き、ボトルに水とポカリを補給。
パン1個とバナナ1本、ジュース1本をジャージの背中ポケットにいれます。
もう一度テントを振り返ると、イチゴとスイカがあるじゃないか!
あわててY川さんと、残っていた数個を食べます。いやー、満足。お接待完食(^O)=3
(後で聞いたら、もっと早い時間には、から揚げと焼き鳥もあったそう。メモメモ)

時計を見ると2時。ここは100キロ地点だそうで、残りは60キロ。
このまま順調に行けば、制限時間の5時には間に合いそうです。
今度はY川さんと一緒にスタートします。ちょうど、パラボラチームも出発しているので、
くっついていく作戦です(笑)
[PR]
by tyeribo-kamesen65 | 2007-05-06 18:30 | イベント参加

2007国東を走る!パート5

第2チェックポイントで休憩していると、先日痛めた膝に不安が走ります。
NさんとY川さんに先に出発してもらい、マッサージをしました。

すると、目の前の方が脚にエアサロンパスを吹き付けています。
思わず、「用意がいいですね」と声をおかけすると、「どうぞ」と差し出してくれます。
お礼を言って、両膝に吹きつけて復活です。これはホントに効きました。
この件に限らず、この先いろんな方に助けてもらいました。
お互いに「完走」という大きな目標をもった仲間たちです。
時間を競うより助け合いながら、進もうと決めました。

第3チェックポイントまでは、多少のアップダウンがあるものの平坦なコースです。
しばらくは35キロペースで一人で走っていましたが、だんだんつらくなります。
同じく一人で走っている方に「列車作りませんか?」とナンパ(笑)し、
中年男ばかり4人で即席のトレインを作ります。
少し向かい風だったので楽チンになりました。
絶景の「三宮の景」は写真を撮りたかったのですが、せっかくのトレインを降りたくなかったので、38キロで通過しました。

あっという間に、第3チェックポイントに到着。お互いに握手をして、ご挨拶。
さあ、お接待と思っていたら、「もうすぐバスが来ますよ~」と係りの人が叫びます。
まさに、クモの子をを散らすようにテーブルの前にいたサイクリストたちが、
あわててバイクに飛び乗り出発します。
先ほど同じトレインで走った方が、「この先にもう一度大きな上りがあるよ」と教えてくれました。それは、天然寺へと続く山道でした。

しばらくは集団の中をゆっくり進み、いつ上りが始まるのかドキドキします。
やがて道が狭くなり、山に登る気配がしてきたところに、トイレがありました。
ここで一人離れて休憩。マッサージをしてお菓子で補給します。
サイコンを見ると、ちょうど80キロ。やっと半分来ました。まだ残りも半分。

コースに戻ると、ちょうどパラボラジャージの方が2名来られたので、くっついていきます。
横に赤いジャージの女性がいて、ふと見ると、フロントアウターのまま上っていくではないですか!しかも、男性の方が、なにやら数を数えています。
後ろから付いていて、「なんだろう?」と思っていたら、なんと抜いていく人の数です!
僕なんか、インナーに入れっぱなしなんですけど、、、(泣)
いよいよ、ピークにきたのか、女性が「もう無理です」と言うと、
男性が「まだまだ!」と気合を入れます。すげー、、、
「44、45、46、後5人」と50人が目標のようです。

ここでコースに異変が。砂利のダートコースが始まりました。
アウターのままではトルクが強すぎて、空回りして前に進めません。
道が大きく左に曲がってもまだ続きます。「ガンバレー!」私も叫びましたが、もう失速。
先に行かせていただき、振り向こうかと思いましたがやめました。

下りに入ると道が荒れていて怖かったけど、心に火が付いてガンガン行きます。
やがて海が見えてきました。「やったー飯だ!」と力を振り絞ります。
ところが、ここからが長い。海が見えたらすぐエイドと、
自分が勝手に勘違いしていたようです。

少し気持ちがなえてきたとき、ANOサイクル?の赤いジャージで、TREKマドンに乗った方が抜いて行きました。すぐ後ろに付かせていただきます。
そういえば、第1CPまで一緒だった広島のNさんも同じマドンでした。
今回不参加でしたが、私の大好きなショップ仲間の方も同じマドンで、よく引いてもらっています。そのせいか後ろにいて安心して走れるのでしょうか?(笑) ありがとう、乱素さん!

何度もアップダウンを繰り返し、やっと第4チェックポイント昼食会場に到着です
[PR]
by tyeribo-kamesen65 | 2007-05-06 09:24 | イベント参加
第2チェックポイントの前には、安芸ダムとチシャノ木峠に向かう上りが待っています。

広島からのNさんと先頭交代して、アップダウンをこなし、ヒルクライムコースともなる5キロの上りに差し掛かりました。すると左の方から私を呼ぶ声がします。
すこっとさんとオアシスさんがカメラを構えて、待っていました。
暑い中、応援ありがとうございましたo(^-^o)(o^-^)o
ただ、もうあまり余裕がなくなっていて、手を振ることが出来ませんでした。

しばらくして、子供の泣く声が前方でします。小学生くらいでしょうか?
お父さんが一生懸命、怒鳴りながら何かを言っています。
近づくと上りなのにフロントがアウターに入ったまま。
どうしてもインナーに入れられないようです。パニックになって泣いているのでしょう。

さらに、その先ではガシャーンと大きな音が。
バイクと人が2重3重に絡んで倒れています。
だんだんこの暑さと坂だらけに、トラブルも増えてきたみたいです。

同じ初参加のY川さんに追いつき、ご挨拶。
やっとピークを過ぎて下ったところで、第2チェックポイントに到着。
追いついてきたY川さんに写真を撮ってもらいます。
a0096787_23585996.jpg

ここで、バナナ1本、おかし類、お饅頭1個をいただき!うれしいお接待です。
日差しがとても強いので、Y川さんに日焼け止めをつけさせてもらいました。
助かりました。ありがとうございました。
[PR]
by tyeribo-kamesen65 | 2007-05-06 00:05 | イベント参加

2007国東を走る!パート3

誘導に従い一般道路に出て、びっくり!右側にずらりと車が止められています。
片側の一車線を3列になって進み、自転車専用道路です。
各交差点も車が止められ、私たちが優先です。
思わず「ありがとうございます」と叫びながら、通過しました。
以前に参加した方々が必ず「国東は別格だ」と言っていた意味がわかりました。
この体験ができただけでも、参加費の半分は元を取った気がします(笑)

しばらくみずポンさんの後ろで、30キロ前後のペースで進みます。
私のすぐ後ろにはHさん。集団にうまく乗れていい感じ。
しかし、最初の上りで集団はついに牙をむきます。グーンとペースアップ。
「前半の上りは抑えて行け」とのアドバイスも忘れ、突き進んでしまいました。

しばらくすると、takuさんに追いつき、ご挨拶。お腹の調子がよくないそうで、
苦しそうな表情でした。無事に完走ができてよかったですね。

同じ方に何度も抜きつ抜かれつして、第1チェックポイントに到着。
お互いの健闘を称えて握手し、自己紹介。
広島から参加のNさんでした。そのNさんに写真を撮っていただきました。
a0096787_23281100.jpg

ここで、水とポカリをボトルに補給し、気持ちを少し落ち着かせるためにトイレへ。
結局10ほど滞在しました。
[PR]
by tyeribo-kamesen65 | 2007-05-05 23:31 | イベント参加

2007国東を走る!パート2

スタート地点を後方に進んでいると、少しバイクが疎らなエリアがありました。
すこっとさんが数名の方とお話をされています。
近づいて行き、お一人ずつ紹介をしてもらいました。
なんと、時々拝見させていただいていたブロガーの方々でした。

1.ジオスブルーとイーストンホイールがまぶしい、karapapaさん。
2.優しい笑顔できれいな脚、バイクとおそろいアンカージャージ、takuさん。
3.最近、私のご近所に引っ越して来られたそうで、同じくアンカー、hi-ro1113さん。
4.トンネルでの転倒に根性で立ち上がった、「えみちゃん」で登場、みずポンさん。
5.そして、黒門ラーメンの近くでお互いに手を振り合った?、憧れのピナレロ、Johさん。
みずポンさんとJohさんは、ショップのオリジナル黄色いジャージの背中に
自分の名前が刺繍されてます。カッコイイな~!
今回の国東参加の目標の一つ、「先輩ブロガーとのご挨拶」が早くもできましたo(^-^)o
すこっとさん、ありがとうございます。感謝です。

初対面にも関わらず皆さん気さくな方ばかりで、
早速ワイワイとお話をさせていただきましたo(^-^o)(o^-^)o
うれしくて感激して、おしゃべりが止まりません(爆)
神聖なスタート前なのに、うるさくてすみませんでした(深~く、反省)

そのうちカウントダウンが始まります。
左にJohさん、右にみずポンさん。お二人の間に自分がいる。急に緊張が高まります。
すると、右から絶妙なタイミングでkarapapaさんが声をかけてくださり、
写真をパチリ。少し笑いも出てホッとできました。助かりましたよ~。

左右のお二人からスタート時のアドバイスをいただきました。
1.号砲が鳴って前が動き出しても、すぐにはビンディングを両方ははめない事。
  すぐに前がつまりストップするので。去年は立ちゴケをする人がいたそうです。
2.ゲートを抜けるときに狭く、周りからバイクがドンドン寄ってくるが、びびらず進む事。
3.リゾート内は路面が悪い上に、道が狭くクネクネと曲がるので、あせらずに走る事。

9時、いよいよスタート。快晴の空に花火が上がります。
先頭の選手がダッシュをしていくのが見えます。全体が動き出しました。
やっぱり前がすぐにつまり、片足でケンケンをしながら進み、スタートゲートをくぐります。

驚いたことに多くの人が、左右にいて声援を送ってくれています。感動!
思わず、右隣にいるみずポンさんに「すごいですね~」と言うと、
沿道にもたくさんの人が応援をしてくれているとのこと。
町全体で参加し、支えているのを実感するそうです。ありがたいです。

リゾート内をクネクネ走って、ゲートを抜け左折し、一般道路に出ます。
パート3につづく、、、
[PR]
by tyeribo-kamesen65 | 2007-05-05 17:39 | イベント参加
朝5時、目覚まし時計が鳴る前に自然に目が覚める。

まだ外は薄暗いが、天気は良さそうです。
他の人を起こさないようにそーと起き出すが、もう動きまわっている方が。
最年長のクロモリさんです(笑)。やはり年齢順で目が覚めるのでしょうか?
前夜祭の酔いがまだ残っているので、熱いシャワーを浴びて体を目覚めさせます。

朝食はパンとパスタ。パンに蜂蜜をかけたり、パスタをはさんだりしながら、
黙々と食べています。みんな眠そう、、、、

7時にチェックアウトをして「梅園の里」を出発。住吉浜に向かいます。
a0096787_13512140.jpg

一部今日のルートを通るということで、道を観察します。
けっこうなアップダウンに目が完全に覚めました。こんなところを走るの?ヤバイかも、、、

7時半に到着したら、すでに奥の駐車場は満杯で、ゲート近くに駐車。
バイクを下ろし準備をしょうとしたら、なんとリヤタイヤのサイドに8ミリ程の亀裂を発見。
一瞬、頭が真っ白になりましたが、新品のスペアタイヤを持ってきているのを思い出し、
周りの人に手伝ってもらいながら、大慌てで交換をしました。
自分では前日にチェックしたつもりでしたが、甘かったようです。

そんなことをしている間に時間は刻々と過ぎて、日差しがますます強くなってきます。
もう走る前から暑くなり、着ていた長袖のアンダーウエアと今回の秘密兵器、
ユニクロ「ボディテック、ロングスパッツ」を脱ぎました。

とっくに8時を過ぎたので、急いでスタート地点に移動します。
今までに見たことのない数の自転車と、サイクリストたちとすれ違います。
雑誌でしか見たことのないブランドのモデルやパーツなど、急がなければならないのに、
キョロキョロして、前へ進めません(笑)

なんとか、30分前にスタートゲートに到着。
ズラリと横たわるバイクたち。談笑するカラフルなウエアを身につけた選手たち。
圧倒されます。特に最前列の人たちはとても速そうで、目を合わせられません。
コソコソとゲートの横を通り後ろに行こうとすると、大きな声で呼ばれました。
Q-MAXジャージのKスケ君です(^O)=3 
いいところにポジションをキープしていたので、入れてもらおうかと思いましたが、
私にはまだ前方過ぎます。お礼を言って、後ろに向かいます。

できるだけ次回のために詳しく書こうと思いますので、長文となりすみません。
ここで休憩。
[PR]
by tyeribo-kamesen65 | 2007-05-05 15:04 | イベント参加

国東への道

5月の2日午後、国東に向かって出発しました(^O^)

待ちに待ったこの日がついにやって来たのです。
ショップ仲間の車にバイクを同乗させてもらい、応援の方と2台での出発です。
メンバーは、ドライバー&トランスポーター提供のふぁいとさん、H高さん、ヨッシー君。
応援&サポートはすこっとさん、オアシスさん。

国道10号線を進み、道の駅「豊前おこしかけ」で休憩します。
a0096787_19124456.jpg

天気もよく、快晴。まさにドライブ日和。
豊後高田市でSATOさんと合流し、受付会場の住吉浜を目指します。
a0096787_2062043.jpg

適度なアップダウンをする道をひた走り、杵築市内に入ると歓迎の看板がありました。
a0096787_20112466.jpg

おー!、いよいよ近くなりましたよ。途中でたくさんの自転車を見かけました。
無事に受付会場に到着。ゲートにはすでにクロモリさんが待っていました。
a0096787_20171776.jpg

早速、受付を済ませて、この大きな看板の前で記念撮影。あれ?一人少ない気が、、、
a0096787_20184197.jpg

ゲートで待っていたクロモリさんを忘れていました。ごめんなさい、クロモリさんm(__)m

さて、前泊場所の「梅園の里」に移動する前に今日の夕食の買出しです。
メニューは焼肉!すこっとさんの絶妙な交渉でバーベキューセットを借ります。
なかなかスーパーが見つからず、苦労をしましたが、たくさんの食材を買い込み到着です。
a0096787_20284623.jpg

ここは山の高台にあり、夜9時から天体望遠鏡で星を見せてくれるそうです。

予約したロッジに到着した頃には薄暗くなりかけていたので、すぐに焼肉の用意をします。
炭火を起こし、網の上に食材を並べ、前夜祭の開始です。カンパイ!
もう男だけですから、話題は自転車の話から、すぐに飛ぶ飛ぶ(笑)
途中、お土産を買ったり、大きなお風呂に入浴したりして、2次会に突入。
ここからは、明日に備えてウエアにゼッケンをつけたり、ヘルメットに番号のシールを貼ったりして、準備を進めながら飲みます。
突然、各自の持っているヘルメットでフィッティング大会が始まりました。
自分に似合うのはどれか、それぞれ試し、メーカーやモデルの違いを体験し、
自分の頭に合うのを見つけるのに、みんな苦労しているのがわかりました。
さらに、サイスポとファンライドを持ち出し、自転車談義は尽きません。
こんなに楽しい宴会を終わらせるのは本当につらいのですが、朝5時起床のため、
しぶしぶ寝ます。

さて、いよいよ本番です。みんながんばろうぜ(^O)=3
[PR]
by tyeribo-kamesen65 | 2007-05-04 21:13 | イベント参加

国東終了

とりあえず、無事に国東から帰ってきました。

今回の目標は、
1.Aコースの制限時間内での完走と、おせったいの完食
2.ブロガーの方々とご挨拶
3.無事故での帰還
でした。

1.タイムは7時間22分29秒。最後はへろへろでした(泣)
  おせったいは最後のサイクリングターミナルは見逃したものの、後は飲み食い完了(笑)
2.スタートの時に、すこっとさんから、karapapaさん、takuさん、hi-roさん、
  みずポンさん、Johさんをご紹介していただきました。
  みなさん、気持ちよくお話をしていただきとてもうれしかったです。
  今後ともよろしくお願いします。
  (ただ今、リンクの貼り方を勉強しておりますので、その節はよろしくお願いします)
3.往復、前泊ともにショップの仲間の方々の手厚い保護により、無事に帰宅できました。
  たくさんのわがままで皆さんを振り回してしまい、ご迷惑をおかけしました。(反省)
  初めての国東&ロードイベントだったので、勝手がわからず本当に助かりました。
  おかげさまで楽しく過ごすことができました。感謝です。

詳しくは後はど書く予定です。
昨夜は帰宅してすぐに爆睡をしたので、今からかたずけをします。
それと、家族サービスをして、親父ポイントを上げないと、ちょっとヤバイので、、、、(苦笑)

参加&応援の皆様、お疲れさまでした。

 
[PR]
by tyeribo-kamesen65 | 2007-05-04 10:04 | イベント参加