一日一楽(一日に何か一つ楽しい事があればうれしい)


by tyeribo-kamesen65
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

楽しいトレイル>犬にかまれた

朝9時に超人Dさんと待ち合わせて、近くの山に行きました。
自宅から、わずか15分の近いところなのですが、いい林道があるのです。
これまでは一人でしか来たことがなく、気に入ってもらえるかちょっと心配でした。

林道に入る直前にハプニング。
入り口のすぐ前にある家で、放し飼いにされている犬が3~4匹いるのです。
いつも吼えながら追いかけてくるので、気をつけているのですが、
今日はその中の黒いラブラトリーレトリーバーが、私の右脹脛を噛んだのです。
幸いロングスパッツをはいていたので、ひどくなくてよかったのですが、
スパッツをめくってみると、歯の痕がつき、2箇所が皮がむけて血が出ていました。

応急処置をしてそのまま走ります。久しぶりのダートの上りは辛かった。
途中に道の半分以上の大きな穴があいていました。
a0096787_810021.jpg

ここの下りは気をつけないと危ないですね。チェック!
やっと、約3キロを上りきりフェンスに到着。やっぱりこの区間はクローズしているのを確認。
途中、草もだいぶ増えているので、夏には道が見えなくなっているかもしれません。

ここで、左に分岐がありますが、後ほど戻る予定なので、もう少し上ります。
約2キロで次の合流地点、メインの林道と接続です。
半年振りにくると少し様子が変わって、舗装区間が増えていました。
高度は380メートル(サイコン読み)を超えているので、眺めがいいです。

舗装区間のアップダウンを走り、いよいよ秘密のトレイルに繋がる林道に入ります。
しばらくはダートの下りなので、気持ちいいです。Dさんがかっとんでいきます。
以前は草がボウボウで道が見えませんでしたが、きれいになって走りやすいです。

コンクリートの激坂を上りきった右の切れ目のような所が、トレイル入り口です。
早速、Dさんが下っていきます。初めて来るコースなのにさすがスムーズに走りますね。
私も続きますが、何回か脚を着いてしまいました。修行が足りませんね。
途中で記念撮影。
a0096787_8422136.jpg

変なポーズですが、実は足元が崖なので、怖いのですよ(>_<)
またDさんに先行してもらいます、しばらくすると前から「大穴~!」と声がします。
近づいてびっくり、道が陥没しています!
a0096787_8464631.jpg

ここも、要注意。チェックです。危ないので、押して通過です。
残りは大体いい感じでアップダウンを繰り返し、無事に林道に戻ってきました。
「景色もいいし、気持ちいいコースで気に入りました」とDさんに褒めてもらいましたp(^^)q
もう一回上って走ろうかとも思いましたが、今日はあまり時間がないので下って帰ります。

合流地点までは両側から草が伸びているので、体にバシバシあたります。
長袖を着ていてよかった。始めにきたフェンスに戻ってきました。
ここからはクローズ区間のDHが始まります。先ほどの大穴には気をつけてGO!
ただ、まれに人がいることもあるので、そこは当然考えなくてはいけませんが(苦笑)

「久しぶりに楽しかったです」とDさんから、感想をいただきました。
こちらこそお付き合いいただき、ありがとうございました。
今日はあまり時間がとれずにすみませんでした。次回は一日走りましょう(^O^)/

帰り道は犬が怖いので、横の川の道から下りました。次回からここを通ろう。
噛まれた傷のことですが、そのときは痛くはなかったのでそのまま走ったのですが、
帰宅して改めて傷をみると少し肉も削られていたのと、狂犬病が心配だったので、
病院に行きました。
狂犬病は国内では最近発症していないので、あまり心配はいらないそうですが、
犬の歯にいろんな雑菌がついているので、破傷風の方が怖いとのこと。
予防する注射をされ、薬をもらいました。そして、今日一日安静だそうです。

こんなに天気がいいのにすっごく残念です(T_T)
[PR]
by tyeribo-kamesen65 | 2007-05-13 09:18 | 自転車